Posted by at

2012年12月25日

キャッシュ・フローをよくするためには?

今年も残すところあと1週間ですが、皆様年賀状の準備はお済でしょうか?

私はというとまだ何の準備もできていませんface11

例年同様、ぎりぎりまで年賀状作成に追われることになりそうですface13

さて、今日のお話はキャッシュ・フローについて。

会社を運営していくうえで資金繰りが大切なことは言うまでもないことですが、資金繰りに余裕を持つためにはどのようにしたらよいのでしょうか?

そのためには、下記の項目を実行することが必要です。

  ①少しでも多くの利益を計上する
  ②売掛金等の債権は早期に回収する
  ③余分な投資はしない
  ④買掛金等の債務の支払サイトはできるだけ長くする

例えば100万円で仕入たものを200万円で販売したとします。

仮に仕入代金の支払は1カ月後、販売代金の入金が2カ月後だとすると仕入代金は販売代金を回収する前に支払わなければならなくなりますから資金的には厳しいですよね。

逆に仕入代金の支払は2カ月後、販売代金の入金が1カ月後だとすると仕入代金は販売代金を回収した後に支払うので支払は楽ですよね。

実際には取引先との力関係もありますので簡単にはいきませんが、上記①~④を意識して取引先と交渉することが大切なのではないかと思います。
  


Posted by 税理士細川誠哉 at 18:33Comments(0)ビジネス