スポンサーサイト

  

Posted by スポンサー広告 at

2013年01月26日

凄い内容の迷惑メール

今日も朝からバタバタしている上場ベンチャーあがりの税理士ですface11

注意喚起も含めて凄い?内容の迷惑メールがきたのでお知らせしたいと思います。

以下はその本文です。

メールのタイトル「完全非課税、無償で7,500万受け取ってもらえませんか?」

今回の震災を受けて我が社から寄付を行ったのですが、損金算入限度額を超えてしまう寄付をしたため7,500万円が余ってしまいました。

利益計上するにも課税対象で我が社の損失となってしまうので貴方様に全額無償でお受け取り頂きたいのです。

以下省略...。

もしこの内容が事実(絶対にありえませんが。。。)だとしても7,500万円を利益計上し課税された方が、実行税率を40%と仮定すると7,500万円×(1-40%)=4,500万円は手許に残るので全額引き渡しするよりも有利になります。

また、法人の行う寄付金には指定寄付金というものがあり全額が損金算入できますので、もし本当に寄付をしたいのであればそちらに寄付をすればよいのです。

ちなみに震災関連の指定寄付金の一覧表(PDF)も国税庁のホームページの中にあります。

そもそもメールのタイトルにあるような7,500万円(しかも現金)を非課税で渡す方法なんてあるわけがありませんface13

このような迷惑メールには何の対応もしないことが一番だと思いますので是非ご注意下さい。
  


Posted by 税理士細川誠哉 at 09:47Comments(0)その他