Posted by at

2014年05月25日

Rikatan夏号

3月決算の処理がまだ残っている駆け出し税理士@上場ベンチャーあがりですface11

私の中学・高校時代の恩師の会社が編集・企画するRikatanの夏号が明日発売になりますicon12

今回の特集は「自然を観る・知る・遊ぶ旅」。

これから夏休みの計画を立てられる方はこの本を参考に自然と向き合ってみるのも面白いかもしれませんよicon14

興味のある方は是非お買い求め下さいface02


  


Posted by 税理士細川誠哉 at 22:57Comments(0)その他

2014年05月08日

目的の違い

まだまだ決算がたくさん残っている駆け出し税理士@上場ベンチャーあがりです。

私はFace Book(直接お会いした方以外は承認しておりません)をやっているのですが、個人事業主の方や経営者の方の利用の仕方をみているとビジネス目的かプライベート中心かに大別されるように思います。

ビジネス目的の方のものを拝見していると、たまに家族の写真をUPしたりして読んでいる方に親近感を覚えさせるようにしている方がいらっしゃいますね。

こういう方は計算して投稿しているので、ビジネス目的で使用しているがあまり反響がないという方は参考にされてみては如何かと思います。

ちなみに私の場合はやたら場所のチェックインが多い以外、これといった特徴はありませんがビジネス色はほとんどありませんface13

そもそも事務所のFace Bookページがありませんから...face11

明日も終日外出の予定なので、そろそろ仕事を切り上げつつ明日に備えたいと思いますicon16


  


Posted by 税理士細川誠哉 at 23:24Comments(0)その他

2014年05月07日

当たり前の違い

仕事ができる方に人材の育成をお願いすると、期待通りに人材を育成できないことがあります。

これはなぜなのでしょうか?

これは仕事ができる方にとっては当たり前に行動できる(理解できる)事柄がそうでない方にとっては当たり前のことではないからです。

つまり仕事ができる方にとっては、言われなくても普通に行動(というよりも教えられなくてもできてしまう)できることというのは自分自身が気が付いていない事柄が多いため、それをうまく他の人に伝えることができないのです。

適材適所という言葉があるように、仕事ができる方が必ずしも他の方に教えることが得手な訳ではありません。

もちろん仕事ができる方の中にも教えることも上手だという方がいらっしゃると思いますが、私の経験上はそうでないケースの方が多いような気がします。

このあたりが難しいところなのですが、人を使う立場の方(特に社長さん)は、こうしたことを理解した上で人材の育成にあたる必要があるのではないかと思います。


  


Posted by 税理士細川誠哉 at 19:21Comments(0)ビジネス

2014年05月06日

偕楽園

長かった連休も今日で最終日ですね。

私はというと連休初日と最終日は仕事をしておりましたが、連休2日目に日本3名園の一つである偕楽園に行ってきましたicon44

梅で有名な偕楽園ですが、梅の季節に行くことは仕事柄なかなか難しいのでこの時期を選んだ次第。

車を持っていない(ちなみに免許は持っていますよ。お蔭様でいつでもゴールド免許ですが...face11)私はどこにいくのも基本的に電車での移動なのですが、流石にゴールデンウィークということもあり満員で行きも帰りも座ることができませんでしたね。

それはさておき、現地では天候に恵まれ、弘道館、偕楽園を堪能させていただきましたface02

たまに行く遠出は気分展開にもなるため、非常にリフレッシュできて良かったです。

明日からお仕事だという方も多いかと思いますが、私も気分を一新して5月の繁忙期を乗り切っていきたいと思いますicon16



  


Posted by 税理士細川誠哉 at 18:41Comments(0)その他