スポンサーサイト

上記の広告は2週間以上更新のないブログに表示されています。 新しい記事を書くことで広告が消せます。  

Posted by スポンサー広告 at

2012年01月04日

忘れやすい申告

今日から還付申告の受付が開始されていますが、サラリーマンの方が確定申告をされる場合には、医療費控除や住宅借入金等特別控除(通称、住宅ローン控除)で還付申告をされるケースなどが多いと思います。

給与所得のみの方は給与収入が2,000万円を超える場合(年末調整ができません)や給与所得と退職所得以外の所得(源泉分離課税を選択した所得を除きます)が20万円を超える場合に確定申告が必要になりますが、意外と忘れやすいのが生命保険の満期保険金を受け取った場合です。

生命保険の満期保険金を受け取った場合(保険料の負担者と満期保険金の受取人が同じ場合)は一時所得になり、保険金の受取額から払込保険料を控除した保険収益が90万円を超える場合(給与と満期保険金の受取以外の所得がない場合)に確定申告の義務が生じます。

この満期保険金のうち100万円を超える支払については保険会社から税務署に支払調書という書類が送付されていますので、申告を忘れていた場合には後日税務署の方から調査が入り、無申告加算税を加えた上で所得税を支払う必要が出てきます。申告を忘れないようにご注意下さい。
  


Posted by 税理士細川誠哉 at 10:05Comments(0)税務