スポンサーサイト

上記の広告は2週間以上更新のないブログに表示されています。 新しい記事を書くことで広告が消せます。  

Posted by スポンサー広告 at

2012年01月11日

ROEを向上させるには?

最近、税務と食の話ばかりなのでたまには違う話を。

ROEとはReturn On Equityの略で自己資本利益率を意味します。通常企業は、株主から調達した資本と金融機関等から調達した負債を用いて事業を行いますが、株主の立場から見ると、少ない資本で多くの利益をあげてくれた方が効率が良いことは言うまでもないことだと思います。

そのために金融機関等の外部機関から借入をおこなったり社債を発行して事業を行うのですが、ROEを向上させるためにはどうしたら良いのでしょうか?

ROE=当期純利益÷自己資本(株主資本)ですので、単純に考えれば利益を増やすか自己資本を減らすかあるいはその両方を行うかになります。

これをもう少し詳細にこれを分解すると、

ROE=当期純利益÷自己資本=当期純利益/売上高 × 売上高/総資産 × 総資産/自己資本
= 売上高純利益率 × 総資産回転率 × 財務レバレッジ となります。

従ってROEを向上させるために企業がとるべき行動は、

  ①コスト削減等により収益性を高める → 売上高当期純利益率の向上
  ②少ない資産を活用し大きな売上をあげる → 総資産回転率の向上すなわち効率を上げる
  ③自己資本比率の低下 →  財務レバレッジの向上、すなわち負債(借入や社債の発行)を活用して事業を行う

になります。

もちろん自己資本比率を低下させるために自己株式を取得するという手法も可能ですが、上場企業でない限り現実的には難しい選択肢だと思います。

こうした財務分析の手法を活用し、自社の強み弱みをつかむことも経営分析の一環として必要なことだと思います。



  


Posted by 税理士細川誠哉 at 10:11Comments(0)ファイナンス