2016年07月02日

一番身近な専門家

この時期は算定基礎や労働保険の申告等で社会保険労務士の方が非常に忙しい時期なのですが、お客様から「これらの書類は私のところに送ったらよいのですか?」というお問い合わせを頂くことがあります。

ケースとしては少ないですが、社会保険労務士の方とご契約されている方からも同様のお問い合わせがあったりしますface08

そういう意味では、お客様にとって一番聞きやすい専門家なのかもしれませんicon14

私は近所のお医者さん(かかりつけのお医者さん)に相当する税理士を標榜しておりますので、気軽にお問合せを頂けるということは、お客様との間に「変な垣根を作っていない」ということなのだなと理解して自分の方向性を再認識しています。

もちろん内容や分野によっては、私では対応できないことも多々ありますが、これからもお客様から気軽にお問合せを頂ける関係を続けられるよう頑張りたいと思いますface02

一番身近な専門家



同じカテゴリー(その他)の記事画像
今回の特集は「地震」
オカルト・ 超常現象を科学する!
お盆休みのお知らせ
Rikatan8月号は自由研究!
科学の都市伝説を斬る!
Rikatan4月号は「ニセ化学を斬る!」
同じカテゴリー(その他)の記事
 今回の特集は「地震」 (2017-10-22 08:25)
 オカルト・ 超常現象を科学する! (2017-08-23 16:45)
 お盆休みのお知らせ (2017-08-10 07:46)
 Rikatan8月号は自由研究! (2017-06-26 00:10)
 科学の都市伝説を斬る! (2017-04-23 22:07)
 Rikatan4月号は「ニセ化学を斬る!」 (2017-02-24 00:09)

Posted by 税理士細川誠哉 at 10:22│Comments(0)その他
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。